株式会社 秀電社

【前編】本当は80%以上の人が行きたいと思っている「出張」について。 2021年9月27日 月曜日

■環境が変わっても、ルーティーンを変えない、これ鉄則。

秀電社における技術士たちの出張は平均して年に数回あり、基本的には回数や経験、資格などを考慮されアサインされます。その期間も様々で、場所も沖縄を含む九州各県、時には山口県や東京をはじめ関東まで出向くことも。

今回は秀電社の出張経験が豊富な電気工事技術士に、出張工事についてのリアルな話や、上手に楽しむコツ等を聞いてみました。


以下 / ●On Time:SHUDEN,ON TIMEの中の人でインタビュアー ●技術士S:キャリア約20年、電気工事のスペシャリスト


On Time:今日は宜しくお願いします!早速ですが、秀電社で出張はどれくらいあるものでしょうか?

技術士S:はい、早速ですね(笑)。出張に行く人は所属グループや担当客先などで個人差があり、出張が全く無い人もいます。私の場合は長期の出張工事で2~3年に1回程度、短期の出張工事・点検業務で年に10回以上になると思います。

On Time:そうなのですね。その短期、長期というのはどれくらいの期間ですか?

技術士S:任せられる現場で異なりますが、短期だと1泊~4泊程度(約1週間)で、長期では3か月から半年以上というのもあります。

On Time:様々なパターンがありますね。因みに出張先では一日をどのようなスケジュールで過ごしていますか?

技術士S:生活スケジュールは基本的に福岡に居るときと変わりません。ざっくりですが、こんな感じです。


起床:6:00頃

出勤:7:00~7:30(※現場から宿舎までの距離で変わります)

退勤:17:30~18:00(※業務がある場合は現場事務所で残業をする場合もあります)

就寝:23:00~0:00


On Time:確かに通常のサイクルとあまり変わらないようですね。では出張時の肝とも言える退勤後や休日等、オフの時間はどのように過ごされていますか?

技術士S:平日の仕事後・・・最近はサブスクでの動画鑑賞などでリフレッシュしています、休日は家族がいるので基本的には福岡に帰っていますね。帰れない遠方の時は、ご当地の美味しいものを食べに行ったり、映画鑑賞やダーツ、TVゲーム等その時にハマっていた趣味をやってその時間を楽しんでいます。

On Time:ゆっくりとオフの時間を楽しめる「出張対応型の趣味」を何かしら持っておくと良さそう。

技術士S:はい、僕たちは様々な環境で仕事をするのでメンタルやフィジカルのコントロールは必須です。環境が変わるとコンディションの上下は必ずあるので、「どこででも楽しめる趣味を持っておく」というのはとても重要になってきます。

そして何より大事なことは、場所が変わっても生活スケジュールのルーティーンを変えないこと。良い仕事をするにはこれは鉄則ですから。

On Time:確かにそれはとても大事ですね!さて、お話も盛り上がってきた所で・・・SHUDEN,ON TIME、「後編」へ続きます!

 

●後編 ⇒ 事前準備で抑えるべきポイント

 


▽「共に働く仲間」積極採用中!

▽秀電社って、どんな会社なの?

▽秀電社が実際に実現していること


 

 

  • Page:
  • 1
  • 2

Back Number

アーカイブ

検 索
カテゴリー
新着情報

Back Number

PAGE
TOP