株式会社 秀電社

「タグ:マンホールポンプ」の記事一覧

前編≫ リスクアセスメントと自ら創り出してしまった安全策の安全柵について 2022年5月20日 金曜日

■ 1年間で全産業831人、うち建設業283人 突然ですが、この831人、283人という数は一体何の数かお分かりになりますでしょうか? 答えは今年3月に厚生労働省が発表した昨年(令和3年)の労働死亡災害発生状況についての […続きを読む]

【前編】緊急出動要請発動!市民の暮らしを支える下水道ポンプに纏わる雨の日の出来事。 2021年9月29日 水曜日

■『令和3年8月の大雨』と緊急出動要請 『令和3年8月の大雨』から瞬く間に1か月経ちました。夏の太陽が見えず延々と降り続いたあの長雨の日々は、まだ記憶に新しいのではないでしょうか。 皆さん、こんにちは。SHUDEN,ON […続きを読む]

「つい、うっかり」が数百万円?!果たしてその原因とは・・・ 2020年3月2日 月曜日

■とある朝、8時からの打ち合わせの後 8時30分には工事現場に到着していた3人の秀電社の電気工事技術士たち。彼らがいたのは、鳥の鳴き声とゆっくりと流れる小川の音が聞こえ、冬の凛とした空気が身を引き締める閑静な場所でした。 […続きを読む]

『蘇る玄界島の記憶』離島の生活を支えてきた電気工事 ~本工事編~ 2019年7月16日 火曜日

福岡の博多ふ頭(ベイサイドプレイス博多)から福岡市営渡船で約35分の、玄界灘に浮かぶ小さな島「玄界島」。以前このSHUDEN,ON TIMEでご紹介させて頂いた「事前調査編」の続編となる今回の本工事編は、世間ではあまり知 […続きを読む]

『蘇る玄界島の記憶』離島の生活を支えてきた電気工事 ~事前調査編~ 2019年3月20日 水曜日

私達秀電社は、「配電盤」と呼ばれる電気を配分する機器の設置やメンテナンスをする仕事も官民共に引き受けています。「配電盤」とは電力会社から送られてくる高圧の電気(6600ボルト)を100~200ボルトまで変圧して、各ローカ […続きを読む]

下を向いて歩こう?!「下水道ポンプ設置後の試運転及び行政の確認」(九州は福岡、久山町のマンホールの下にある話) 2018年3月6日 火曜日

■ 私たちが見かけるマンホール、その中のお話です。 今回は、「下を向いて歩こう?!『下水道ポンプ設置後の試運転及び行政の確認』(九州は福岡、久山町のマンホールの下にある話)」と題して、実際に私たちが、平成30年2月に行っ […続きを読む]

アーカイブ

検 索
カテゴリー
新着情報

Back Number

PAGE
TOP